Dr.K_Labo

精神障害持ち元コミュ障がこっそり教える非モテ脱却の0→1

スマホとパソコンを見る男性
アラフォー会社員でモテ研究家。20代まで極度のコミュ障&対人恐怖症。
合コン100回以上を経験しアラサーでようやくでコミュ障克服。
実体験を元に『凡人でも話術でモテるための会話術や立ち回り』を発信中。
→元コミュ障がやってきた世渡り術はこちらで←
LINEでは日々の暮らしで役立ちそうな話術・モテ術を不定期配信。マニアック話を聞きたい変人さんはぜひ↓↓
友だち追加

恋愛・結婚

【マッチングアプリ3社体験】高効率な使いこなし方を解説 ※意外な事実も

更新日:

突然ですが、3ヶ月ほどマッチングアプリをガチってみました。

利用したのはPairs(ペアーズ)、with(ウィズ)、Omiai(オミアイ)の3つ。

いろいろ発見があったので、今回はマッチングアプリを体験した感想や使ってみて分かった事などを解説していこうと思います。

 

巷の評判とは別に使わないと分からなかった事が結構見つかったので、

  • マッチングアプリに登録してこれから活動するところ
  • マッチングアプリを使っていてあれこれ悩むことが多い

こういった状況であれば参考になるかと思うので、ぜひ読んでみてください^^

▼この記事はこんな人におすすめ

マッチングアプリに登録したばかり、もしくはやっている

できる限り知識を仕入れてからアプリを利用したい

スポンサードサーチ

全然マッチングしない!原因はプロフィール?

木製の?マーク

「マッチングアプリ始めてはみたけど……ちっともマッチングしない」

原因は自己紹介文やプロフィールにあるのか?

 

もちろんそれも考えられます。

ただ「これが正しい方法!」といった答えはないので、ある程度しっかり仕上げてダメならあとは【対象の見極め方】です。

つまり自分の自己紹介に合った相手にフォーカスできているか、ですね。

 

仮にプロフィールが完璧でも、あなたの事に魅力を感じそうもない相手にいいねをしていれば当然マッチングしません。

  • 自己紹介でアクティブな感じをアピール → 見た目がタイプだからとインドア派の人にいいね
  • 自己紹介で真剣さをアピール → 性格が似ているというだけ友達目的の人にいいね

見てわかる通り双方の目的や人間性がズレているので、これではいいねしても空振り率が高まるだけです。

終いにはせっかく仕上げた自己紹介文やプロフィールの修正を加えるなど、不要な作業をしてしまうかもしれません。

※事実、マッチングしないことにうんざりし見た目の好みだけで片っ端からいいねしたりもしましたが、何も変わらずいいね数を無駄にしただけでした。

 

こういった無駄を防ぐためにやることはシンプルで、相手の自己紹介文は一通り目を通すことです。

自己紹介文だけで結構性格は読み取れるので、それだけでも十分無駄打ちを減らせます^^

もし自分の自己紹介やプロフィールを直すとしたら、上記をある程度試して成果が出なかったらにしましょう。

(正解がない以上、明らかな間違いを除けばベストと考える方法の実験→改善の繰り返しが最良です)

 

マッチングしない原因の大多数は自己紹介文やプロフィールです。

ただ、それなりにしっかり仕上げても尚マッチングしなければ「いいねする相手」にフォーカスしてみまてください^^

目次に戻る▶▶

 

マッチングアプリは「打数」と「見切り」を意識する

スマホを見る女性

マッチングアプリを利用する上で大事なことは「打数」「割り切り」です。

具体的に説明しますね。

打数  → ここでは1日のいいね回数。「残いいね数」と「契約更新日」を加味して調整

見切り → どんな相手でも一定のラインを決めてダメならさっさと見切りをつける

 

これらを意識する理由はとにかく時間とチャンスを有効に使うためです。

 

例えばPairs、with、Omiaiを初めて利用する場合、それぞれ以下"いいね数"が付与されます。

  • Pairs、with → 無料会員登録時=30いいね付与、有料会員登録時=30いいね付与
  • Omiai      → 無料会員登録時=30いいね付与、有料会員登録時=60いいね付与

※「いいね数」とは気に入った相手に好意を伝える機能のこと。これで相手もいいねをくれれば晴れて会話ができます。

ただ、どのマッチングアプリも無料登録状態だとまともに使えないので有料登録した前提で進めると

  • Pairs、with → 60いいね
  • Omiai     → 90いいね

という状態からスタートすることになります。(※初回登録時)

※ちなみにOmiaiのいいね数が多い理由は相手の人気度によって消費するいいね数が変わるからです。

そして当然ですが、残いいね数がなくなれば女性へ好意を伝えることができず相手からのいいねを待つしかなくなります。

 

次に契約期間についてです。

男性は以下有料会員の契約期間が存在します。

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月

有料登録については期間に応じて料金が決まっており、その間女性とまともにいいねやメッセージのやりとりができます。

 

今回は仮に1ヶ月契約で利用するとしましょう。

ペアーズ、ウィズなら1ヶ月で60いいね使えることになりますが、ここで注意すべきは以下点です。

  • 最初からいいねを使いすぎると期間の後半で足りなくなる
  • かといっていいねを使わなすぎると契約終了日に残ってしまう

こういった事態を避けるためには、残いいね数(打数)を意識しつつ1人の女性に時間費やしすぎない(見切り)意識が重要です。

この点はすぐあとの【マッチング後のやりとりで感じた疑問や結論、考え方】にて詳しくご説明していますのでぜひ確認しておくことをおすすめします。

 

母数も多く簡単に出会えそうなマッチングアプリですが、効率よく利用するためにはコツが必要です。

ここで紹介した「打数(いいね数)」の調整と「見切り」意識があればマッチングアプリを有意義に利用できるはずです。

目次に戻る▶▶

 

スポンサードサーチ

マッチング後のやりとりで感じた疑問や結論、考え方

パソコン前に考える女性

ここからはマッチング後のやりとりで感じた事や女性との対応方法について具体的に解説していきます。

※個人の体験談を元にしているため100%この限りではない場合もあります。

  • 暇つぶし人と真剣な人、多いのはどっち?
  • 会員に多い職業
  • 理想の女性を見分ける方法はある?
  • 脈あり&脈なしを見切るコツ【初心者は必見です】
  • 1人の女性にこだわりすぎないように!
  • 雰囲気はいい感じなのに連絡なし……意外な原因とは?
  • 【超重要】いいね数は契約更新日の1週間前までに使い切る想定で!

具体的に見ていきましょう!

マッチングアプリ考察1
暇つぶし人と真剣な人、多いのはどっち?

コンセプトとしては恋愛や結婚を謳っているマッチングアプリですが、遊びや暇つぶし目的の人も存在します。

暇つぶしでやっている人と真剣に出会いを求めている人は割合的にどちらが多いのか、調べてみました。

 

あくまで肌感ですが、3社アプリを使った感覚としては以下です。

  • Pairs、with → 想像以上に暇つぶし系女子多め(特にwith)
  • Omiai    → 真剣な人が多く、学生は少ない

 

まずPairsについてはそもそもの会員数が桁違いなので、恋愛や結婚に真剣な人の方が比較的多い印象を持っていました。

実際やってみると特に多かったのは
「普段会えないタイプの人と出会いたい」
「とりあえず誰かと話したい」
という人で、

僕の感覚としては6〜7割くらいを占めていた感じはあります。

▼よくいるパターンの自己紹介

自己紹介文

恋人が欲しいんだか欲しくないんだかイマイチ分からないですね……。

 

次いで「真剣な人以外はお断り」系のタイプ、ちょこちょこ散見されたのが「初めて登録して様子見」系のタイプが並ぶイメージです。

 

withは10代〜20代中盤の若年層が比較的多く、Pairsに比べると真剣な恋愛を求めている人は幾分少ない印象です。

自己紹介文を見るとPairsと同じく「普段出会えない〜」「友達が欲しくて〜」系の人が過半数を占めていました。

Pairsもwithも女性については学生の割合が高めでした。

  • 女友達を作りたい(恋愛に発展すればいいかな)
  • とりあえず話相手が欲しい
  • 結婚までは考えていないが恋愛に発展しそうな女性と出会いたい

比較的まじめな出会いを求めるならPairsと、友達レベルで遊びたいならwithがおすすめです。

→ Pairs(ペアーズ)を試してみる ※公式ページに飛びます

→ with(ウィズ)を試してみる ※公式ページに飛びます

※注:登録方法にFacebook認証と電話番号認証がありますが、アプリ登録が友達にバレないFacebook認証をおすすめします。

 

一方でOmiaiは少し毛色が異なります。

先の2アプリに比べると真剣に恋人を探している女性が大半を占めていました。

Omiaiはアプリのデザインも白を基調としていて、Pairsやwithに比べると少し落ち着いた印象がありますしね。

そのせいもあってか年齢層も20代後半〜30代後半の会員が最も多い印象です。

  • とりあえず遊び人は求めていない
  • 最低でも恋愛関係になれる人と出会いたい
  • 20代中盤以降の社会人を求めている

これらに該当するのならOmiaiがおすすめです。

→ Omiai(オミアイ)を試してみる ※公式ページに飛びます

※注:登録方法にFacebook認証と電話番号認証がありますが、アプリ登録が友達にバレないFacebook認証をおすすめします。

 

まとめると、

  • 若さや比較的軽い関係を求める(から始めたい)ならPairsかwith
  • 恋愛関係以上で一般的な結婚適齢期(25歳〜35歳程度)の女性を求めるならOmiai

といった感じです。

もちろん全ての女性を見たわけではないので一概に言えませんが、契約期間中各アプリに張り付いて調査したので概ね間違いないと思っていいです。

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

目次に戻る▶▶

マッチングアプリ考察2
会員に多い職業は?

マッチングアプリに登録している女性に多い職業や職種はなんでしょうか。

調べた限りでは以下となりました。

めちゃくちゃ多い

保育士、事務職、看護師、学生(主にPairs、with)

結構多い

客室乗務員(CA)、公務員、美容関係

まあまあ多い

アパレル系、食品関係(調理師、栄養士など)

これはどのアプリでも共通していました。

自己紹介文をみる限りだと職業柄出会いがないのだと思われます。

 

意外な点でいえば「客室乗務員(CA)」が多かったことでしょうか。

最初は僕も疑問だったんですが、これについては友人への調査で

  • とにかく激務
  • 休みが不定期で場所もバラバラ

といったことが原因としてあるようです。

こうなるとスマホ一台で出会えるマッチングアプリを使うのも納得ですね。

男性としては嬉しい限り^^

※とはいえルックスや頭脳面においてマッチングアプリ内でもトップクラスなので狙うなら話術などできる限り鍛えておきましょう!

 

マッチングアプリの特性上、収入の額は関係なく、異性と接点のない職業についている女性が圧倒的に多いようです。

目次に戻る▶▶

マッチングアプリ考察3
理想の女性を見分ける方法はある?

理想の女性を見分ける方法はあるのでしょうか?

 

結論から言えばメッセージや電話などで判断するしかないです。

 

自己紹介文でもある程度判断は可能ですが、正直に書かれているとは限りません。

細かい人間性や性格については、やはり実際にやりとりする以外に確認する方法はないでしょう。

 

例えば、

  • ライブやスポーツ観戦が趣味な女性が言う「アクティブ」
  • 休日は比較的外出することが多い男性が思う「アクティブ」

では全く基準が異なる可能性があります。

 

逆に言えば、自己紹介文やプロフィールだけで「この人は合っていない」と判断するのは時期尚早というわけです。

いいね数に余裕があるのなら目に見える情報だけで判断せず、まずはやりとりしてみるのがいいでしょう。

目次に戻る▶▶

マッチングアプリ考察4
恋愛目的の場合に脈なしを見切るコツ【未経験者は特に必見】

マッチングアプリでは相手の反応や態度を見れば脈ありか脈なしかはある程度判断可能です。

具体的には以下点に注目してみてください。

  • 初回メッセージに対する返信内容
  • 個人的な質問の有無

 

女性は男性の数倍以上いいねをもらうため、基本1人1人に対する対応も男性ほど真剣ではありません。

 

例えば、相手にとってこちらが「さほど興味ないけどとりあえずキープ」的な存在だとしますよね。

「とにかく男性にチヤホヤされたい」という人でもなければ、こういうタイプに対して時間をかけて文章を考えたりはしません。

明確な目標がないので当然です。

 

そして我々男性からしたら「とりあえずキープ」の立場であることは極力早く気づかなければいけません。

なにせこちらは月額契約。無駄な時間はできる限り使いたくない!

 

そのためのチェックポイントが先ほどの2つ

  • 初回メッセージに対する返信内容
  • 個人的な質問の有無

なのです。

初回メッセージの返信内容では相手が自分の名前を名乗っているかを見てください。

名前は自分のことを知って欲しいと思うなら隠す理由がない部分です。

もし名乗っていなければ、こちらのことにさほど興味ないかこちらを警戒している状態です。

「よろしくお願いしまーす!」のような質素な返しは(少なくともこの時点では)ほぼ脈なしと見て間違いありません。

ではなく「初めまして!○○って言います!」のように自分から名前を名乗ってくるならひとまず警戒心は抱いていないとみていいです。

なおかつ本名なら逆に興味を持っている可能性大です^^

※ちなみに相手の名乗りをチェックするためにはまずは自分が名乗ってみるといいです。

 

また、やりとり中に個人的な質問があるかも要チェックです。

※僕が体験した限りでは先の初回メッセージに対する返信で名乗っていない女性は、ほぼほぼ質問がありません。

もし名乗ってはくれたけど質問されなくなったなら何かしらの理由で興味が失せた可能性があります。

挽回するほどでもない相手なら適当にやりとりし、必要に応じてさっさと切っちゃいましょう。

 

このように脈あり脈なしを見抜くことは早い段階でも判断可能です。

ぜひ頭に入れておいてくださいね。

目次に戻る▶▶

マッチングアプリ考察5
1人の女性にこだわりすぎないように!

マッチングアプリでは1人の女性にこだわりすぎないようにしましょう。

密にやりとりしている女性がいないなら尚更です。

 

なぜなら、女性は往々にして男性が思うほど1人の人に集中して接していないからです。

言い方を変えれば男性と女性ではアプリに向かうスタンスが違う、ということですね。

 

仮にめちゃくちゃタイプな女性とマッチングできたとしても、その女性がひっきりなしにいいねをもらっているとすれば、単純にライバルが数十〜数百人ですね。

女性は豊富な人材から選び放題なわけで、その中から確実に選ばれるとは限りません。

嫌な言い方をするならこちらの代わりはいくらでもいるわけです。

 

僕も1人の人に没入した時がありましたが、連絡の有無や会話内容で結構精神を削られました。

かなりのストレスを感じる要素です。

もちろん相手の性格にもよるので一概に言えませんが、実際に試してみてほとんどの女性に当てはまると感じた次第です。

できればリスクヘッジはしておいた方がいいでしょう。

 

マッチングアプリでやりとりしている間はどんどん浮気してOKです。というかむしろするべきです。

我々は利用期間が限られています。出会いのチャンスはどんどん増やしましょう。

目次に戻る▶▶

マッチングアプリ考察6
雰囲気はいい感じなのに連絡なし……意外な原因とは?

「相手の反応は好感触で今すぐにでもデートに誘えそう!……なのに連絡が途切れた」

アプリをやってると、こういう場面にちょくちょく遭遇します。

「他にいい人がいたのか」
「いろんな人と同時並行してるのか」

などと不安が巡りますよね。

 

僕もこのパターンは何人かいたので、試しに全ての人にメッセージを連投して聞いてみました。

するとなんと8割の女性からは返信が返ってきたんです。笑

理由の大半は

  • 「送ったつもりでいた」
  • 「仕事が忙しくてアプリを開いていなかった」

というもの。

以下がそのうちの一部です。

▼返信例1

メッセージ内容1

 

▼返信例2

メッセージ内容2

 

ちなみにこの2人とはその後LINE交換までいっています。

 

返信内容はもちろん嘘かもしれませんが、ひとまず返信がきたことは事実です。笑

それにもし嘘だったとして、興味がなければそもそも返信してこないはずなので試してみる価値はアリです。

 

そもそも多くの女性は男性の数倍以上いいねをもらっているわけで、

ならば必然的にやりとりも増えるでしょうし、こまめに連絡してたら自分の時間がなくなります。

通知オフにしてそのまま忘れることは普通にありえることですよね。

 

僕も最初は「連絡が途切れる=嫌われた」と勝手に決め付けていました。

でも実際、そうとは限らないことが分かりました。

 

「あー連絡途絶えたから終わったかな」と思ってもダメ元でぜひ連絡してみることをおすすめします。

そのままフェードアウトも連絡してブロックされるのも同じですし^^

未練残すよりは決めの一言でスッキリして次にいきましょう!

目次に戻る▶▶

マッチングアプリ考察7
【超重要】いいね数は契約更新日の5日前には使い切る想定で!

いいね数は契約更新日の5日前を目安に使い切る想定でいましょう。

 

なぜなら、万が一期限ギリギリで気になる人とマッチングすると他ツール移行できない確率が高いからです。

有料会員を解除すると無料会員になりますが、こうなるとメッセージのやりとりは閲覧不可になります。

これは3アプリで共通です。

 

「更新日の3日前にマッチング。相手の返信ペースが1日1回で結局LINEに移行できず……」

更新期限までいいねを残していると、こういったことが高確率で発生します。

 

先にもお伝えしたように女性はアプリを通知オフにしている場合が多く、連絡がコンスタントにくると考えるのは危険な賭けです。

※僕も今回以前このパターンで泣く泣く更新しました。その上、その後すぐにブロックされた経験が何回かあります。

これじゃただの更新損です。

 

こんなことにならないためにも、この点は声を大にしてお伝えしたいです。

「ギリギリまで素敵な出会いに賭けたい」気持ちはあっても、必ず更新日の数日前までにいいねは使い切るようにしましょう。

目次に戻る▶▶

 

3大アプリの感想まとめ

改めて今回利用した3つのアプリを【30代の男】が利用した感想を簡単にまとめてみましたので、ぜひアプリ選びの参考にしてみてください^^

アプリ 料金(男性) 特徴・感想
Pairs(ペアーズ) 3,590円/月〜 友達、暇つぶし目的or恋愛目的が半々くらいだが肌感としては前者の方が多い。
with(ウィズ) 3,600円/月〜 友達、暇つぶし目的が多め、恋愛目的もいるがPairsに比べると少ない。若い人かなり多い。(10代後半〜20代前半)
Omiai(オミアイ) 3,980円(税込)/月〜 恋愛目的が多め。年齢層は25歳〜35歳くらいが多い印象で学生はかなり少ない。

※注:登録方法にFacebook認証と電話番号認証がありますが、アプリ登録が友達にバレないFacebook認証をおすすめします。

 

個人的な感想としては、恋愛や結婚が目的ならPairsかOmiai、とりあえず異性と繋がりたいならwithがいいと感じます。

ぜひアプリ選びの参考にしてみてくださいね。

目次に戻る▶▶

スポンサードサーチ

【まとめ】マッチングアプリは常に女性の立場を考えて立ち回ろう!

スマホを見つめる外国人

今回は3大マッチングアプリを使ってみての感想をつらつらとお伝えさせていただきました。

簡単に内容をまとめてみましょう。

▼マッチングアプリはどんなふうに利用するのがいい?

  • 最初はとにかくいいねをしまくってマッチングの母数を増やす
  • 「マッチングすれば基本的に上手くいく」という考えは捨てる
  • 1人がダメでも切り替えは素早く!(時間がもったいない)
  • プロフィール作りも大事だが、ある程度の完成度になったら実践→修正の繰り返しで!

▼3大アプリの特徴は?

  • 真剣な付き合いを考えてないが、いい人がいれば恋愛したいならPairs
  • とりあえず若い女友達がほしい、恋愛になってもまあ良しならwith
  • 恋愛か結婚メインで25歳以上の女性に出会いたいならOmiai

 

何度かお伝えしているように上記は僕【30代男】が3ヶ月間体験した感想です。

時期や流行などによって感覚は変わるかもしれないので「絶対にこう!」とは言えないのも事実です。

とはいえ普通の利用者よりアプリに費やした時間は確実に長いので、あなたが同年代なら参考になる部分はかなり多いかと思います。

 

ネット上のやりとりでは少しでも情報が多い方がいいかなと思い、今回まとめさせていただいた次第です。

ご参考にしていただけると幸いです。

 

それではここまで読んでいただきありがとうございました!

バナー表示用

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kaito

アラフォー会社員でモテ研究家。20代まで極度のコミュ障&対人恐怖症。 100回以上の合コン修行の結果30歳手前でコミュ障克服。 実体験を元に『凡人のままモテるための会話術や立ち回り』を発信中。 →こちらでは恋愛に限らず一生役立つ世渡り術が学べます。

-恋愛・結婚

Copyright© Dr.K_Labo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.